個人情報保護方針
アクセス


                    

「豊川ものづくり研究グループ」

設立総会を9月6日に開く



意見交換会で活発な議論を行った
 
 豊川商工会議所は、地域のものづくり企業の競争力向上、並びに将来的な「自社ブランド製品」開発に向けたビジネスモデルの構築を目指すための相互研修の場とする「豊川ものづくり研究グループ」を設立し、21社がグループへ参加することになった。

 9月6日に、第1回例会として、「中小企業のための実践MOT(技術経営)講座」との共催による基調講演を開催し、約60名が聴講した。講師には、人を大切にする経営学会会長で、法政大学大学院政策創造研究科教授の坂本光司
氏を招き、「元気印企業に学ぶこれからの経営戦略」をテーマに講演いただいた。
 その後、設立総会およびものづくり研究グループ参加企業と坂本教授による意見交換会を開催した。
 ものづくり研究グループでは、経営者による講演会、企業見学会、商品開発セミナーなどを計画している。
 
Copyright (C) The Komaki Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.