個人情報保護方針
アクセス


                    

「メセナ」が変わりました
今月から市内全域に折り込み

豊川商工会議所 会頭 小野喜明

 
 
 豊川商工会議所月報「メセナ」は、今月号から発行日を毎月15日に変更し、また一宮・音・御津・小坂井地区も折り込み配布を行うことになりました。
 「メセナ」は、一般的には「企業による芸術・文化振興への貢献」を意味しております。平成4年4月に、私の父である第6代・小野光男会頭が「商工会議所には、事業活動を会員事業所だけでなく、市民の皆さんにもご理解いただくとともに、芸術・文化の振興に貢献する必要がある」という理念を「メセナ」というタイトルに表現して発行を開始して以来、市民の皆さまへの身近な情報誌として旧豊川市内の皆さまにお届けしてまいりました。
 この間、平成22年には豊川市と旧宝飯郡4町との合併が完了、人口18万人の新豊川市が誕生し、広域的なまちづくりが進められております。「おいでん祭」や「豊川手筒まつり」でも市内全域の企業・団体、連区が参加しており、「メセナ」が市内全域に配布されていない現状には、課題があるとの認識を抱いておりました。 
 今月からは豊川市全域にお届けいたします。また、発行日についても、豊川市の「広報とよかわ」が毎月1日に発行されておりますので、情報提供のバランスを考え、毎月15日の発行に変更することといたしました。
 これからも豊川市民の皆さんにご愛読していただける「メセナ」を目指し、内容の充実、盛りだくさんの情報をお届けいたします。
 そして、市民の皆さまのご意見・ご感想などお寄せいただければ幸いです。
 
Copyright (C) The Komaki Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.