個人情報保護方針
アクセス


                    
わずらわしい事務手続きを代行

豊川商工会議所 労働保険事務組合 
 
 労働者を一人でも雇用している事業所は必ず労働保険に加入しなければなりません。しかし、事務手続きがわずらわしく、負担となっている場合も少なくありません。
 そこで事業主が行うべき労働保険事務を、厚生労働大臣の認可を受けた労働保険事務組合が事業主に代わって一括処理できることにしたのが労働保険事務組合制度で、豊川商工会議所はこの事務組合として、多数の事業主から委託を受け、事務手続きを行っています。


事務処理を軽減できます

 事業所が労働保険の事務を委託すると以下のメリットがあります。
○事務組合が一括して処理をしますので、事業主の事務負担が軽減される。
○労災保険に加入することができない事業主、家族従事者等も労災保険に特別加入できる。
○労働保険料を年間3回に分け納付できる。
○労働保険料納付は口座振替のため、納付の手間がかからない。


委託するためには

 豊川商工会議所の会員で、次の条件に該当する事業主であることが必要です。
@金融業・保険業・不動産業・小売業にあっては、その事業に使用する労働者数が常時50人以下の事業主A卸売業・サービス業にあっては、その事業に使用する労働者数が常時100人以下の事業主
B製造業、建設業など@、A以外の業種にあっては、その事業に使用する労働者数が常時300人以下の事業主
 この機会に、豊川商工会議所への労働保険事務の委託をご検討下さい。
 その他、事務委託料等、詳細については、豊川商工会議所(пi86)4101、担当=近藤(弘)、不二門)までお問い合わせを。
 
Copyright (C) The Toyokawa Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.