個人情報保護方針
アクセス


                    

大型商業施設進出
の影響
会員企業・市民向け
アンケートを実施
分析作業を行い取りまとめへ



視察には、委員12名が参加
 
 豊川商工会議所は、撤退を表明している豊川市白鳥町のスズキ豊川工場の土地について、大型商業施設の進出計画が話題となっており、当施設については、当所会員の中でも、賛成・反対・中立など様々な意見がある。
 当所は、大型商業施設の進出が、今後の豊川市の地域経済やまちづくり、商工業者、市民生活、環境等に対する影響や変化についての意識を調査するため、当所の会員事業所及び豊川市民対象にアンケートを行った。
 アンケートは、平成29年8月28日から同年9月8日まで、会員向けは、2357事業所のうち、592件が回答、市民向けは、1720人に配布し、974人が回答した。
 今後、データに基づき、豊川市における市民生活に関する検討委員会において、アンケート結果を集約、分析作業を行なう予定。


イオンモール京都桂川を視察 スズキ撤退後のまちづくりを研究

 豊川商工会議所は、10月27日(金)に大型商業施設が進出した場合のまちづくりへの調査・分析を目的に、京都市南区にある「イオンモール京都桂川」を視察した。視察には「豊川市における市民生活に関する検討委員会」(大村幸司委員長)の委員12名が参加。京都の事例を踏まえ、地域住民と地元商業者との良好な関係づくりについて学んだ。
 地元商店街との激辛商店街イベントを共同企画するほか、商工会議所のイベントなどに会場を提供している。参加者からは、地元商店への影響や出店者の状況などの質問があった。
 
Copyright (C) The Komaki Chamber of Commerce and Industry All Rights Reserved.